top | upcoming event | almanac 16 / for Okwui & Jocelyne
almanac 16 / for Okwui & Jocelyne
2019年12月21日(土) 16:00〜21:00
いまから約半世紀前、ICERDが採択が採択された日、art & river bank 年末の恒例のイヴェント almanacを開催します。ICERD とは、「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」という長い名称の条約で、1965年12月21日、国連で採択されています。差別への抵抗の意思を示したその日、16回目を迎えるalmanacは、今年亡くなったオクウィ・エンヴェゾー、ジョスリン・サーブをテーマに、bar川の家とともに一夜だけ開催します。

オクウィ・エンヴェゾーについては、来年3月、彼がディレクターを務めた documenta 11 の映像の上映を主軸にしたイヴェントを開催します。来年のシャルジャ・ビエンナーレのディレクターを死後であるにも関わらず務めるというアクロバティックな話題も伝わってくる彼ですが、そんな彼のための上映会をどのようなものにしたら偲ぶことができるのか、いろいろご意見をいただければと思います。art & river bank 側で考えていることもお話ししますので、それについてもご意見をいただければと思います。

オクウィもドキュメンタリー作品を大切にしましたが、ジョスリン・サーブは、独特の視点でドキュメンタリーの分野を中心に活躍した映画監督です。今年10月にリスボンで開かれたドキュメンタリー映画祭、doclisboa では、彼女の特集が組まれています。almanacでは、彼女の代表作のひとつ、『子供たちの戦争』(11分, 1976)を上映します。フィクションとドキュメンタリーの狭間をかろやかに行き来しながら、けれども彼女が示そうとしたのは、彼女が生まれ育ったレバノン、ベイルートの目を背けたくなるような現実でした。日本ではあまり知られていない彼女の映像を見ながら、世界について、ドキュメンタリーについて、そしてオクウィについても考えることができたらと思います。

almanacの会場には、恒例の『bar 川の家』も開店します。その日のための特別なアルコールやおつまみも用意します。14年間続いたファイル展の際に行なっていた、今年一年の出来事をメガホンで叫ぶ speak alone は開催しませんが、同じように今年一年の出来事を語り合うことができたらと思います。みなさんのご来場をお待ちしています。

The same day that ICERD was adopted about half a century ago, the annual event called "almanac" will be held on the day . ICERD is a long-named convention called “International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination” and was adopted by the United Nations on December 21, 1965. The 16th Almanac will focus on Okwui Enwezor and Jocelyne Saab who died this year. It will be held only for a night with bar Kawano Ie.

As for Okwui Enwezor, an event will be held in March next year, focusing on the screening of the video of documenta 11 he directed. And we hear the acrobatic new about Sharjah Biennial next year. Okwui will serve as a director. Can you believe it? How we can memorize and think of him? Please let us know your opinions. We would also like to share thoughts of ours.

Okwui also valued documentary work, but Jocelyne Saab was a film director who has been active mainly in the field of documentary from a unique perspective. Her special feature was featured at doclisboa, a documentary film festival in Lisbon this October. At almanac, one of her masterpieces, “Children's War” (11 minutes, 1976) will be screened. As she flew back and forth between fiction and documentary, she tried to show the reality of the city, Beirut in Lebanon, where she was born and raised. We would like to think about the world, documentaries, and Okwui while watching her film that are not well known in Japan.

The annual “Bar Kwano Ie” will also open at the almanac venue. We will also prepare special alcohol and snacks for the day. We will not hold "speak alone" that screams through megaphones about the events of the year, which had held every year during the file exhibition for 14 years, but we hope we can talk about the events of the year. We look forward to your visit.