top | current exhibition | João Tabarra "Les Limites du Desert"
João Tabarra展
2010.6.26(sat) - 2010.7.17(sat)
João Tabarra(ジョアン・タバラ)は、1966年まれ。リスボンを拠点とし、サンパウロ・ビエンナーレにも出展するなど今日のポルトガル・アートシーンを代表する作家の1人です。"Les Limites du Desert"(砂漠の限界)と題された日本での初個展は、13点の新作の映像で構成されます。タバラの作品は、写真や映像などを中心として、ユーモラスでありながらシニカルな視点を秘めています。かつての隆盛した国というステレオタイプなポルトガル像が無批判に再生産されていることに対する批判は、現代の社会や歴史一般の根底に潜む問題にも同じようにその矛先を向けています。もちろんそれは、あらゆる権力、制度、暴力やシステムへの疑義であることも忘れてはなりません。そう当然それは、ポルトガルに対しても、日本に対しても向けられているのです。


会場 : 特定非営利活動法人 art & river bank
会期 : 2010年6月26日(土)~7月17日(土)
日時 : 13:00 - 19:00 月・火曜日休


関連イヴェント
the age of micro voyages ―極小航海時代―


△ページ上へ