Archive for category Atushi Sugita

Date: 6月 4th, 2010
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

art is life ? in Kyoto

楽しかったですね。福さんとのトークも、真剣で、ユーモラスで、軽やかで。その前後、東京では悲惨でした。既存の学問の枠のなかで、既存の価値基準に縛られている人との会話は、何か疲れてしまいます。意味のある活動をしつつも、自分では行動できない人も、利用できる相手とそうでない人を選別する人も、自身への批判にだけ敏感な人も、自分の行動の責任を取れない人も、……。年齢や、立場を問わず、そうした人たちとの会話にすっかり体力と時間を奪われてしまっていました。本当に、自分にとって身になることをしなければならない、けれどもそのマネジメントは、当然のことながら自身の責任です。そう、あらためて感じました。竹内さん、福さんとのトークが楽しく、刺激的だったからこそ、逆にそのギャップに苦しんでいるのかもしれません。

ああ、私の行く手はいづく。そう綴った、心細い巡礼路の高群逸枝を想います。彼女ほどの逆境にもいないのであれば、本当にすべきことをしなければ、自身の責任で。いずれにしても、もっと、いろいろと話をしたいですね。

Date: 3月 9th, 2010
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

やっと再開です

竹内さん、この間、二年です。いろいろなことがありましたね。それをかいつまんでここで話すのもへんなので、ゆっくりとそれらも小出しにしていきませんか? とりあえず今回は、再開のお知らせがメインなので、少しだけダウンした事情をお話しておきます。事情は簡単で、サーバー元が倒産して、データも全部飛んでしまったのです。幸い、何人かの方々からキャッシュの提供があり、かろうじて全部回収できたというわけです。また、その後もHP作りに手間取り、こんなに日にちがたってしまったのです。それぞれ、周囲の環境も変化しつつありますが、また少し、話し出してみませんか? よろしくおつきあいください。

Date: 3月 3rd, 2008
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

長い空隙

杉田敦

この、怠慢による、長い空白のあいだにいろいろなことがありました。そろそろ書店に並ぶであろう、写真批評誌での対談で(メールで行われた)、おそらくも う二度と依頼されることがないほどに、「写真」をこきおろし(でも、本当は愛を持って)、しかもメールゆえに双方がストレスも感じながら、でも昨日は、美 大の大学院生の展示に際して催されたトークショウで実際にお会いして、もっとこうした場を早く持てばよかったと痛感したのでした。竹内さんはやがてしばら く研究のために日本を留守にすることが決まり、僕は10年ほど書き溜めていたものをまとめると称して、結局すっかり書き換えるはめになり、でもやっとのこ とで出版にこぎつけることができた、など。

対談は、やはり多くのものをもたらしてくれます。とても有意義でした。その後メールでも挨拶を交わしましたが、本当に感謝しています。私信で、ソ ンタグをiPodで聴いていると書かれていましたが、コソボを巡って火種がくすぶっているいまだからというのではなく、偶然、僕もハントケを読んでいると ころでした。ハントケはソンタグとは逆の立場ですが、そうした話も含めて、この場でも、それ以外の場でも、自分たちにとって大切なものを凝視めながら、 ゆっくりと(いい訳じみてますが)討議を続けていきましょう。

2008.03.03

Date: 4月 16th, 2007
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

紡ぎ出される

杉田敦

先日の『写真を巡る討議』ではお世話になりました。竹内さんの提出したアーカイヴという視点、捉え方は三者三様だったような気もしますが、確定したものに ついて語り合うのではなく、いまだ形の定まらないものの処し方を模索するような討議は、スリリングな体験でとても刺激的でした。前回の critica=critico のエントリー、求心的、遠心的という視点もとてもユニーク、発展させるべきものであったにもかかわらず、放置したまま時間ばかりが過ぎてしまいました。申 し訳ありません。ボンヤリとした印象なのですが、求心的、遠心的という視点がそのまま利用できるかどうかは定かではありませんが、ひょっとすると、アーカ イヴという言い方の中にも、微妙な質的な差異があるのかもしれません。いわゆる、アーカイヴ・ビルダーまでを視野に入れた、欧米でのアーカイヴへの注目 と、竹内さんや国立近代美術館の増田怜さんが指摘されるような、あくまで個人的な目的で集積されてきたものに対する、アーカイヴ的なアプローチとは、微妙 に異なる面もあるのかもしれません。もちろん、共通点の方が勝るとしても、同時に、その差に対しても注意しておく必要があるのかもしれません。その結果、 求心的、遠心的という視点とも呼応するようになるとおもしろいですね。何かが紡ぎ出されることもあるかもしれません。

ところで、今月末には、年に一度、little red decode という企画展をやらせてもらっている、Space Kobo & Tomo という銀座のスペースで、アーティストの吉原悠博さんの実家である、写真館の土蔵に眠っていた乾板とアルバムをベースとして編集した映像作品の展示が始ま ります。また、今秋には、art & river bank で、若手写真家で2005年度日本写真家協会新人賞受賞の森澤ケンさんが、やはり実家の写真館に遺された、祖父の写真を再プリントした作品の展示が予定さ れています。これら、アーカイヴ性がわかりやすく前面に出た展示は、きっとまた討議した内容に、疑義や深みを与えてくれることになるはずです。ぜひまた、 こうした体験を踏まえて、お話させてください。

2007.04.16

Date: 12月 13th, 2006
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

断片

杉田敦

まったく時間が空いてしまいました。この間、近美のオープニングでお会いしましたね。次号のBTに展評が載ります。またお会いした折にご意見をお聞かせく ださい。また、春ぐらいに、以前お話していた、写真についての鼎談というかラウンドテーブルのようなものを、近美の増田さんを交えて行えればと考えていま す。それについても、ご相談させてください。このような本来私信でご連絡すべきことをオープンにお伝えするのは、そうすることで怠惰な状態から抜け出すこ とができればと考えてのものだとご理解いただければと思います。

手前味噌になりますが、11月にart & river bankで開催した小山陽子の”she, sheep”は、実に面白い展覧会だったと思います。竹内さんにもぜひ見てもらいたかったです。こうした若い作家にはもちろん不勉強な部分も少なくないの ですが、それを補ってあまりある大胆さがあります。しかし、そういう部分は脆いものです。確かに、興味深いものはもう少しボリュームを見てみたいとも思う のですが、そう要求することが、むしろ大胆さを奪うことにもなりかねません。このタイプのもののボリュームをそろえてみれば、と言うような安直な助言をす ることは当然はばかられます。

近美の展示に戻りましょう。僕はあそこで、結構無防備な姿勢で参加していた伊奈英次について考えさせられました。その姿勢を、若い作家のいろいろ な試行錯誤と分け隔てるものは何なのか。つまり、人生のある一定の生物学的年齢を想定して、その時期の活動に特別なレッテル(賞)を与えることの意味とは 何なのか。と言うことです。あまり余分な条件を抜きにして、瑞々しい試みをただ面白いと素直に語れることを忘れてはならないと言うことでしょうか。

まったく取り留めなくてすみません。でも、こんな感じでこの年が終わりそうです。つい数日前に、大学の学生たちと企画した下町の商店街での展覧会 が終わりました。いろいろ考えさせられ、そして学ぶことも多く、そしてとても楽しい展覧会でした。その余韻が、収拾つかないものをそのまま記してもいいと 勧めてくれているような気がします。

2006.12.13

Date: 8月 17th, 2006
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

自省を忘れて

杉田敦

時間が空いてしまいました。本当は、すぐに返答しようと思っていたのですが、いろいろな理由でそれができないうちに、時間ばかりが過ぎてしまいました。し かし、時間が経ってみてから考えると、あのときすぐに返事しなくてよかったと思えるところもあります。だらだら過ごしていても、何かを学んでいるというこ となのかな?

年末に出かけようと思っていたManifesta 6が中止になりました。美術学校という形態で行われるということ、それと最後の分断都市であるニコシア開催ということで期待が大きくなっていただけに残念 です。最初聞いたときは、レバノン空爆が原因だと思ったのですがそうではなかったようです。ドクメンタ11で、ワリッド・ラードというレバノン出身のアー ティストが、架空の資料でレバノン内戦の悲惨さと、メディアや歴史というものの欺瞞性を同時に暴いて見せたその場所で、空爆がつい先日まで続いていまし た。こうしたアクチュアルな問題を目の当たりにすると、PCという姿勢を様式としてではなく実践として身につけようとしていた現代美術も無力感に包まれざ るをえません。けれども、もちろん大切なのは、その無力感に包まれ続けることではないはずです。たとえそれが正確な分析や判断によるものであっても、それ でもそこから一歩も二歩も踏み出すべきであるはずです。

1日早く帰国したおかげで、テロによる空路の乱れに巻き込まれることはありませんでした。9.11の1年後、エール・フランスの乗務員がストを決 行し、何にも知らずに飲んだくれていたため、空港で酷い目にあったことが思い出されます。今回の空港の混乱を伝えるニュースに登場するうんざりした旅行者 の表情には同情とともに共感を覚えます。すべてを投げ出してしまいたくなっているはずです。それでも、彼らは忍耐強くそこで最善の道を探し、そしてやがて 家に辿り着くはずです。彼や彼女が行っている忍耐や努力を、自身を含めてなんらかのかたちで表現する人間は見習うべきなのでしょう。無力感に包まれている ことが、どれだけ怠惰なことなのか、うんざりする旅行者たちの表情は教えてくれているような気がします。

いずれにしても行動すること、ということでしょうか。といっても、これだけ時間を空けてしまっておいて、言える言葉ではないのですが……。自省を忘れて、書き記します。

2006.08.17

Date: 4月 13th, 2006
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

向こう側から

杉田敦

前回の竹内さんの指摘を興味深く読みました。僕は最近、おそらく同じことを反対側から考えています。よく学生などから聞かされる言葉に、現代美術の難解さ というものがあります。しかし、この「難解さ」には、いくつもの問題が潜んでいるような気がしています。ひとつは、結局むしろ現代美術は、「難解さ」とし て容易に理解されるカテゴリーに堕しているという問題。そして、そうした実態と乖離した判断を下している人々が、そのこと自体を問おうとしていないという こと。またもう1つは、そう口にする人たちが必ず付け加える、「誰にもわかるものを」という基準に忍び込んでいる、奇妙な多数性。結局、1人の判断では持 ちこたえられずに、暗黙のうちに自身と同様に判断している多数の人を捏造してしまっているという問題。この最後の部分は、竹内さんの指摘と、表裏をなして いるようにも思えます。独りよがりな独断性とともに、ある種の共同意識を捏造してしまうという脆弱性。この二面性があるのかもしれません。現代の表現に対 して繰り返し用いられてきた難解さという便利なレッテルが、もしも同時にそうした虚偽に満ちた共通意識の捏造に加担しているのであれば、それこそ現代美術 はまさに、そうしたレッテルを拭い去る努力をすべきです。けれども、だとすればこそ、それは「誰にもわかるもの」や「誰にも親しめるもの」という安易な分 枝に向かうことではないはずです。

2006.04.13

Date: 1月 20th, 2006
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

少し時間を経て

杉田敦

ちょっと時間がたちすぎちゃったけど(年も変わちゃたし)、横浜トリエンナーレについて、前回の竹内さんの意見を引き受けて少し。

僕の周囲では、結構意見は二分されていました。僕自身は、結構楽しめたのだけど、それなりに不満も残った。竹内さんが書いていたように、表現を契機として 開示されるものと言う意味では、今回は全体的にそれが薄かったように思う。ざらざらした感じは嫌いではなかったけれども、それでも、軽やかな身振りが最終 的にアート内部の業界へと回帰するような気持ち悪さを感じたのも事実でした。これを単に批判ととられるとまずいのだけど、ずいぶん楽しんだし、考えさせら れる作家もいたのだけど、でも今のような感想をぬぐいきれなかった。ひとたびそういう意識が芽生えてしまうと、こんどは逆に、フィニッシュの精度の荒さも 作為にしか見えず、アジアの作家に多い日常のこまごまとしたものを詰め込む類の作家たちも、どうもオリエンタリズム的な視点で悪態をつきたくなってしまう というのが正直なところだった。これは微妙なところで、ちょっとした断片の印象が、全体を左右するものでもあると思う。ただ、どちらかと言うと今回は、表 面的にはざらざらしつつも、何か統御されたような感をぬぐえず、結局なんとなく読後感として、しばらく時間がたった今、洗練されたフィニッシュの個展と同 じような印象の中に納まってしまっている。

今年は、マニフェスタがキプロスであります。ギリシアのすぐ南かなと思っていたのに、あらためてみてみるとレバノン沖といった感じ。行けたら行こうと思う のだけど、前回のサン・セバスチャンといい、ずいぶん過激なとこばかり。ただ、こうした場所で見てみると、PCと呼ばれるものも、いつも以上に慎重になっ ているのがおもしろい。でもそれって当たりまえだし、それこそがスタート地点だったはずなのに。やっぱり、様式化する過程でぬるくなるのかな?

今回は、ゆるめに、校正もせずにUP!

2006.01.20

Date: 10月 24th, 2005
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

路地奥で

杉田敦

先日、障害者プロレス”Dog Legs”を観にいきました。身体の障害や、知能の障害を持つ人と、健常者が闘うというものですが、字面から伝わるイメージとは裏腹に、最初から抱腹絶倒で、そしてそれ以上にさわやかな感動に包まれました。

メインイヴェントは、この日を最後に引退する女子レスラー”ジャイアント馬場子”。「ひとりでリングに上がれない!」、「ひとりでリング上で動けない!」 リングアナの容赦のない紹介を受けて、リング上のスポットの中で蠢く馬場子。まるでそれは、アナ・ガスケルの少女のようにも見えなくはなく、気高ささえ感 じさせるものでした。そんな馬場子は、対戦相手、愛人ラマンの足を口に受けたままギブアップ。観客は、大いに笑い、感動し、そして静まり返りました。

僕は正直、このときのリング上の馬場子を、大野一雄の生み出すものよりも美しいと感じました。見えるままの姿でそこに存在し、ストレートな反応に包まれ る。これほどかけがえのない瞬間があるだろうかと思いました。不自由に対する嘲笑も、慈愛も、生きていることの醜悪さも高貴さも、すべてがそこに等価なも のとしてあるように感じたのです。そしてそのとき、自分たちの生きている世界が、暗黙のうちに障害者と健常者に強いているものを感じさせられました。会場 を後にして、下北沢の路地奥の飲み屋で飲みながら、知らず知らずのうちに世界に浸透している、不愉快な力学にしたがっている自身をあらためて知らされるこ とになったのです。そしてそうしたポリティクスに対して鈍感なことを……。

もちろんそのときリング上にあったものが、自分の周囲の表現をめぐる関係の中にあるのかということも自問せざるを得ませんでした。種々の権威におもねよう とするものたちや、力関係の中で臆して本心を語れないものたちばかりが蠢く世界。数時間前目にした光景と比較すると、あまりにもそれは醜悪なものでしかあ りません。けれども、Dog Legs がそれ以上に困難な状況から立ち上がったように、もちろんそうだからこそすべきことがあるはずだと、アルコールと路地奥の闇が、鼓舞しているように思えま した。

2005.10.24

Date: 8月 25th, 2005
Cate: Atushi Sugita
コメントは受け付けていません。

アスベスト

杉田敦

この返答が前回の竹内さんのメールに対する答えになっていないとしたら、先日会ったときに実際に話してしまったからでしょうね。まあそういう、伏せられている部分があるのも面白い気がします。戦争を巡る表現の問題について、少し辛辣な話もしましたね。

ところで、僕の周囲では現在、社会的問題にもなっているアスベストが大きな関心事になっています。art& river bank を含め、古いビルのリノヴェーションは、地価の高い都市部では、ギャラリーやスタジオなど、スペースを確保する上で有効な方法のひとつです。このとき、ど ちらのスペースも、天井高を確保するために、天井を抜くのが一般的な方法となっています。ところが、古いビルの場合、かなりの確立で天井裏に石綿の吹きつ けが行われているのです。僕の友人の写真家Iがスタジオを作ったとき、まだアスベストは大きな問題になっておらず、もうもうと立ち込める煙の中で、業者と 一緒に撤去作業をしたそうです。現在では、撤去費用はリノヴェーションのメリットのひとつであるコストの問題を台無しにする程になるらしく、十分な資金の ない人たちにとって大きな障害のひとつになっています。京橋のとあるギャラリーも移転先でこの問題に直面しています。また、恒常的に運営されるスペース以 外に、テンポラリーで空きスペースでイヴェントを行うような場合にも、障害になるということが考えられます。いろいろ面白い活動が散見されるようになって きた状況に水をさすことにならなければよいのですが。

夏は、いくつかのイヴェントを行うだけで、あっという間に過ぎようとしています。このあと集中講義で京都に行きます。知人の展覧会もいくつかあ り、向こうで少しゆっくりできればと勝手に考えていますが、どうなることやら。ところで、お会いした際にはお伝えできませんでしたが、また年末にファイル 展を行います。今年もぜひセレクターとしてご参加いただきたくお願いいたします。では、こちらこそとりとめないご返事になってしまいましたが失礼します。

2005.08.25